オーストラリアンシェパードのマーブル(♂)&キーストン(♀)&サルサ(♂)と 共にかけがえのない日々を綴った日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経過6
今日は検査日、お昼に預けて夜にお迎え予定。
預ける時、先生にキーちゃんの吠えが強い時は検査終了次第お迎えに
来てもらってもいいですか?と言われました。
返事は「もちろんです!」とキッパリ(爆)
先生に対する激吠えがすごいので仕方ないです。トホホ・・・・・

しかし、何事も無くお迎えに行く時間になりました。
で、検査結果は異常なし。異常が無いのに下痢が続くのでさらに迷宮入りです。
この後の検査方法としてはバリウム検査・内視鏡検査などがあるんですけど
内視鏡で小腸をくまなく見ると言う事はかなりのテクニックが必要になるらしいです。
そして、もうひとつの検査方法として病気の確定診断にバイオプシー(生検)の説明もして
頂きました。
が、キーちゃんの体や精神的負担など考えるとすぐには返事できず・・・・・
点滴や食事制限などでかなりストレス溜まってますからね。
お薬としてステロイドを使うとすぐに下痢は止まるらしいのですがやっぱり副作用など
無いとは言えないと先生は言ってました。もちろん飲ませたくないので断りましたけど。
結局、お薬を換えて2週間後便検査することになりました。
今後の治療方針はもう少し考えてみたいと思います。
キーちゃん、母さんにちょっと時間を下さいね。お願いします。

今回のレントゲン検査から新たな発見がありました。
まずはキーちゃん、なんと無駄な内臓脂肪無しという事が判明しました!
見事なアスリート体系 先生もびっくり
見た目ふっくらしてるのでもっとあるかと思ってたらしいです。
体脂肪で表示したら8%ぐらいなのかな?うらやましい。。。

もう一つは肝臓が小さかった事。先生も驚いてて小腸よりも肝臓のエコー写真の
方を多く撮影してました(笑)
実際今まで数値的にも安定していて何事も無かった訳ですが今後は注意深く
見ていきましょうと言われました。キーちゃん、今年は厄年なのか

最後にキーちゃん、検査中も大変おりこうさんでしたと褒められました。
ハウス、シット、ウエイトすべて完璧にこなし、無駄吠え一切無し!
先生にお母さんと一緒だと甘えるタイプですねと。
実際預ける時はもう母さんにしがみ付く勢いだったのに私が診察室を出たら
キーちゃん 先生についてケージにすんなり入ったそうです・・・・・
やれば出来る子なんだなぁ~~(親ばか

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

やっぱ
内視鏡ならあそこでしょう(笑)

お腹壊してるときに無理に止めても
体内に悪い物が残りそうだしね~~~
原因があって壊してるから
原因を取り除けるのがいいんだけどね
なんなんだろう???
シェリママ | URL | 2009/04/12/Sun 19:23[EDIT]
シェリママへ
そうだよねぇ~あそこだよね(笑)

今日はわりと普通な感じのe-283なんだけど
これが長続きしないのよね・・・
楽観的に原因が分かると考えてただけに今後の事を思うと
複雑な心境です。
とにかく二週間は現状維持で頑張ってみますね。
マーブルママ | URL | 2009/04/12/Sun 22:31[EDIT]
Copyright © 日日是好日. all rights reserved.

カスタマイズ:


javascript:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。